菊松建築の家づくり

在来工法とは

本来木造軸組構造といい、土台、柱、梁等により、建物の骨格が作られるものを言います。

構造材の多くは比較的断面の大きな材を利用し、組合せ一つの材となす様な加工を施し、強度をとります。

近年は断熱材の造り等を考慮し、耐力壁を面材とするツーバイフォーの長所を利用していることもあります。

構造が単純なため、構築やリフォームが考えやすい工法です。

  • 在来工法へのこだわり
  • 素材へのこだわり
  • Joy·Kosについて
  • 自社職人による施工
  • アフターサービス
  • 施工例はこちらから